わきが 再発|わきが,すそわきがの解消法



     
わきがの悩み わきがの原因 すそわきがを治す 子供のわきが わきがのセルフチェック
わきが予防と治療 わきがクリーム わきがの手術 わきがの保険適用 わきが再発
 

  わきが の再発

わきが の症状が比較的軽い場合には、根気は要りますが、
さまざまな対処療法によって、一時的にではあっても、わきが の症状を改善することはできます。
しかし、対処療法では、解消させる事は出来ません。
そのうち治るという事もありません。
ですから、わきが の症状がひどい場合や、継続的な対処がわずらわしいという場合、
わきが の根本的解消を考える場合は、一般的には手術を選択する、というケースが多いようです。
ですが、わきが の手術を受けた場合には、不安なのは、「再発」ですね。

わきが の手術も絶対ではありません。
わきが の再発が起こってしまう可能性は否定できません。
せっかく手術を受けても、完治せず再発した、なんて事では困りますし、
何のための手術なのか、ってことになりますよね。


 

  わきが 手術で再発させないために

わきが の原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、それと皮脂腺を粉砕したり除去したりする
わきが の手術方法の場合には,わきが の原因となるものがなくなるわけですから
わきが の再発の心配はない、ということになります。
しかし、実際には、そう単純ではありません。
わきが の手術によって、わきの下には何らかの手術痕が残ります。
これを目立たない程度に、小さく抑える手術方法もあります。
しかし、その場合はアポクリン汗腺を取り残す恐れがあり、
わきが の再発が起きる可能性が高いようです。

逆に,少々の傷痕を気にしないのであれば、わきが の再発性の低い手術方法を選ぶ事が出来ます。
このような、わきが の手術方法を受ける事により、アポクリン汗腺を完全に除去してしまったならば、
わきが の再発の心配はありません。
例えば、ある調査によると、「剪除法」と「吸引法」を比べた場合は、「剪除法」の方が、
目立った傷痕が残り、「吸引法」の方は、ほとんど気にならないようです。
しかし、手術後も わきが のニオイが気になると答える人は、「吸引法」の方で、
「剪除法」を受けた人にはほとんどなかったそうです。
さらに、「吸引法」を選んだ人の中には、手術を受けた事を後悔した人がいたにもかかわらず、
「剪除法」を選んだ人は、後悔した人はいなかったようです。
もちろん、抱えている悩みの深さなどにもよるのでしょうが、完治を願っての手術でしょうから、
傷痕が無いからといっても、治らなければ意味が無い、ということなのでしょう。



 
 

  わきが 手術後の観察期間

わきが の手術を受けたあとに わきが の再発が起こるとすれば、それはいつ頃なのでしょうか。
どのくらい経過してもニオイの発生が無ければ、わきが の再発は無い、といえるのでしょうか。
わきが の手術を受けると、その手術のあと、しばらくの間は、わきの発汗の機能がなくなります。
しかし,およそ3ケ月くらい経過すると、わきの発汗機能が回復することになります。
その時に,わきが の原因となるアポクリン汗腺などの取り残しがあった場合には、
わきが の症状であるニオイが再び発生してきます。
このような症状が出れば、それは、残念ながら、わきが の再発ということになります。
つまり、わきの発汗機能が回復するのにかかる、数ヶ月の間は、わきが の再発はあり得ません。
ですから、手術後、わきが のニオイが消えたからといって、
わきが が解消したとは、その時点では言えないのです。

わきが 手術を受けた後、半年くらいは、経過観察が必要です。
仮に、アポクリン汗腺が完全に除去されていなければ、
そのくらいの期間が経過すると、わきが のニオイが出てくるようになります。
わきが が再発した場合は、再手術という事もあるでしょうが、
一度手術した後は、手術痕が硬くなり、その分手術が難しくなるようです。
ですから、手術は一度で終わらせたいものです。

そのためには、手術方法の選択とともに、信頼のおける、
評判の良いクリニックを選ぶことが、なによりも大切です。
まわりに体験者がいればよいですが、いなければ、インターネットのレビューサイトや、
口コミなども参考にしながら、十分検討して選ぶようにしましょう。
とにかく、簡単に考えないで、カウンセリングも入念に受けましょう。
仮に、満足できなかった場合、悩むのは医師ではなく、あなたですものね。             

           
Copyright © 2008 わきが,すそわきがの解消法 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座