わきが 予防と治療のポイント|わきが,すそわきがの解消法



     
わきがの悩み わきがの原因 すそわきがを治す 子供のわきが わきがのセルフチェック
わきが予防と治療 わきがクリーム わきがの手術 わきがの保険適用 わきが再発
 

  わきがの予防と治療

『わきが』 は、病気ではありません。
『わきが』 になるのは、体質や、遺伝によるところがとても大きく影響します。
ですから、『わきが』 になることを防ぐことはできませんが、
予防や治療など、『わきが』 の症状を軽減させるための工夫をすることにより、
かなりの改善が可能です。

『わきが』 の予防や治療にはどのような方法があるのでしょうか。
『わきが』 予防や治療によって、『わきが』 の症状を軽くするための方法としてはいくつかありますが、
『わきが』 はアポクリン腺から分泌される汗が細菌によって分解され、
強いにおいを発するわけですから、わきの下を清潔に保つことが最も大切なことです。
同時に、食事や生活習慣などの見直しも必要でしょう。
次の項で、具体的な予防法・解消法について取上げていきましょう。



 

  わきが 予防:わきを清潔に「大切な4つのポイント」

『わきが』 を予防するために、先ず行いたいのは、わきの下を清潔に保つ事です。
そのために大切な4つのポイントが以下になります。

@お出かけ前などには、シャワー(熱いのは逆効果)もしくは
 湿らせたタオルで拭く等で、わきの下をきれいにします。
  >>大ヒット "ジャムウ・ハーバルソープ"!品質にこだわったハーブ石鹸。

A次に、汗やにおいを抑えるための制汗スプレーか、
デオドラントジェルを塗りましょう。

Bわきをこまめにケアしても、下着に汗が付着すると、そこからにおいが発生します。
 この際、消臭下着か衣類専用の消臭スプレー を用意しておきたいものです。

Cそして(ハンカチではなく)タオルを持ち歩き、汗が気になった場合は、
 出来るだけ早く、トイレなどで必ず濡らして絞ったタオルで、
 わきの下を拭くようにしましょう。


上記の方法を取り入れれば、かなり抑えることができます。

制汗スプレーなどを使用する場合、あま頻繁に使うことは、
肌への負担も考えられます。特に肌の弱い方などは、使用頻度に気を付けたいものです。
また、入浴の際に、ボディソープなどであまりゴシゴシ洗うことで、
滅菌状態にしてしまったり、傷をつけたりすると
別の強い菌が付きかえって強い臭いになることも。
入浴時のケアは薬用石鹸で構いませんが、優しく洗いましょう。


『わきが』 予防の他の方法でとても重要なのが、
わき毛をきちんと処理しておくことです。

『わきが』 の症状が強い人はわき毛が多いという場合が多いですが、
わき毛があると、それに汗や皮脂が付着しやすく、
細菌が繁殖しやすくなり、臭いも強くなります。
ですから、わき毛はきちんと処理することが重要です。

『わきが』対策のためにも、わき毛のこまめなケアは欠かせませんが、
カミソリでは肌への負担から、黒ずみなどをおこしたり、
毛抜きでは、埋没毛になりやすいなどの問題がありますから、

やはり、専用の脱毛器が良いですね。

   脱毛器ケノン


目からうろこ。こんな方法もあったんです。
NHKでも取り上げられたことも。
体臭・わきが・加齢臭・体臭を無臭化する下着



 
 

  わきが 予防:食事

また、『わきが』 予防としてできるだけ肉や乳製品の摂取をおさえるというのも、『わきが』 予防です。
もともと日本人には少なかった 『わきが』 で悩む人が、近年増えつづけています。
これは食生活の変化によるところが大きいといえます。
昔の日本人の野菜や穀物中心の食文化から、肉や乳製品中心の、
欧米型食文化へと移行していることによる影響です。

それでは、なぜ肉や乳製品などの摂取をおさえることが,『わきが』 予防につながるのでしょうか。
それは 『わきが』 の原因となるアポクリン腺からの汗は、
動物性の脂肪を摂取すると活動が活発化することがわかっているからです。
また、たんぱく質を多く摂取すると汗をたくさんかいてしまう原因となることもあるのです。
『わきが』 予防としては、肉や乳製品を摂りすぎないようにすることが大切なのです。

『わきが』 予防としては、揚げ物やスナック菓子の油もよくありません。
『わきが』 予防の食事とはつまり油っこくなく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草、
そして、良質のタンパク質の含まれる納豆、味噌汁、豆腐などの大豆食品など中心の食事、
つまり和食そのものです。

また、塩分や糖分の過剰摂取をひかえることも、『わきが』 予防です。
香辛料などやニオイの強い食品の摂取をひかえることも,『わきが』予防としてはたいせつです。
といっても、大変ですよね、でも意識しているだけでも違うと思います。
取り入れられることから始めましょう。




           
 

  わきが の治療:漢方薬

『わきが』 治療にはいろいろな治療方法があります。
その中のひとつに、漢方薬を使った 『わきが』 治療というものもあります。
漢方では、本来尿として排泄されるべき水分が、
体内のめぐりが悪いために、汗となり 『わきが』 のにおいの原因になる、と考えられています。
そのため、この体内の水分のめぐりを良くすれば、本来の尿として体外に排出され、
『わきが』 のにおいは改善されると考えられています。

この漢方薬を使った 『わきが』 治療の際に使われる漢方薬は、
『わきが』 治療を受けようとしている人の体質・体型により3種類に分かれています。
このような漢方薬を使った 『わきが』 治療も人気のようです。

ただし、漢方薬は一定期間服用し続けなければ効果がわかりません。
もし体質に合っていなければ、いくら服用しても改善効果が出ないかもしれません。
ですから、信頼できる専門家によく相談されることが大切です。




           
         
 

  わきが 予防:その他

『わきが』 予防としては、お酒やタバコを控えるようにすることもたいせつです。
その他の 『わきが』 予防としては、お酢を摂取するようにすること、というのもあります。
りんご酢や黒酢などのお酢を、ある程度の期間継続して摂取することにより、
体臭をおさえる効果などが期待されるため、『わきが』 予防にも良いということです。

『わきが』 予防として、ストレスを溜め込まないことも、とても重要です。
ストレスを溜め込むとホルモンの影響で、皮脂腺からのニオイの原因物質の分泌をさかんになります。
ですから、『わきが』 予防としては、ストレスを発散させる工夫が必要です。
スポーツやエステ、岩盤浴、ヨガなど。
特にないという人は自宅でゆっくりお風呂につかりましょう。
ただし、ストレス発散といっても、深酒は禁物ですからね。
『わきが』 を予防したいという人は、少なくとも、タバコは止めましょう。




 
Copyright © 2008 わきが,すそわきがの解消法 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座